「美白」の鍵を握る「保湿」

水分量の少ない状態では肌は痛み、バリアが壊れ、紫外線だけでなく、さまざまな有害物質の影響をモロに受けます。このような状況で白く輝く肌どころの話ではありません。それで、美白をしようと思ったら、まず保湿を欠かすことはできません。乾燥はすべての肌トラブルの元凶と言われるほど、うるおいある肌を保つことは重要なのです。以下に文章は「美白」と「保湿」の深い関係を説明します。

「美白」に欠かせない「保湿」の理由

①潤った肌は、紫外線による刺激を受けにくくなる
保湿をして肌の状態を正常にすることで、紫外線の吸収を抑制し、乾燥によっておこる肌トラブルや乾燥ニキビ、さらにはニキビ跡が色素沈着になるのを防いでくれます。
②乾燥状態を改善することはシミ対策にもなる
刺激から守ろうとする防衛反応によりメラニンが生成され、シミのもととなってしまうので乾燥肌はシミの大敵です。シミ・そばかす対策に保湿ケアはとても必要です。
③肌の角質が潤っているほど美白の効果が得られやすくなる
潤った肌は、化粧品の成分が浸透しやすく美白効果を最大限に発揮できます。
④潤いがあれば、肌のキメが整って透明感も高まる
顔全体のトーンを明るく、白くするためにも保湿は必要不可欠なのです。

「美白」ポイント

①美白効果のある化粧品を使ってケアすることより朝は保湿のほうがもっと重要です。
②ビタミンCやアルブチンなどの美白成分は紫外線で劣化しやすく、肌を刺激したり、シミを濃くしたりする場合もあるので、美白ケアは成分が肌の奥深くにまで浸透しやすい夜に集中させたほうが美白の効果を最大限発揮できます。
③美白成分は、肌への刺激があるものもあり、炎症を起こしているときは使用を避けてください。
④日焼け後は、軽い火傷状態なので、まず美白することがじゃなくて、肌を冷やしてくれることが大切です。
⑤身体の中から美白をスタットしましょう。日ごろの食事はビタミンの摂取という内から美白ケアも重要です。
⑥美白化粧品を選ぶときに、保湿成分を含まることも確認してください。

白く輝く肌は保湿から。保湿は美白のために重要な栄養素です。