厚生労働省が認可の美白成分は?

厚生労働省が定めた美白成分には以下のようなものがあります。

◆ビタミンC誘導体
不安定なビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。肌にハリを与えたり、皮脂の分泌を抑制するので、アンチエイジングやニキビ対策にも活躍します。

◆アルブチン
コケモモや梨から抽出された成分。シミの大元であるチロシナーゼに直接働きかけ、メラニン生成を防ぐ。メラニン色素を除去する働きもある。

◆コウジ酸
米麹から発見された成分。メラニンの生成を抑える働きをする。

◆エラグ酸
いちご由来の抗酸化物質。シミを作り出すチロシナーゼに働きかけ、若々しさや透明感を引き出す作用がある。比較的肌への刺激が少ない。

◆ルシノール
ポーラが北欧のもみの木に含まれる成分をヒントに開発した美白成分。正式名称は「4-n-ブチルレゾルシノール」。メラニン色素を作るメラノサイトが増殖・活性化するのを防ぐ。

◆リノール酸
サフラワー油などの植物油から抽出される美白成分。チロシナーゼを分解して、メラニンの生成を防ぐ。

◆カモミラET
花王が開発した独自の美白成分。ハーブのカモミールから抽出される。「メラニンを作れ」という指令にアプローチし、早い段階でメラニンの生成を抑制する。

◆トラネキサム酸
メラニンの生成を抑える働きに加え、抗炎症作用もあるので、美白ケアだけではなくニキビケアにも用いられる。

◆4MSK(4-メトキサリチル酸カリウム塩)
資生堂が開発した美白成分。メラニン生成を抑制しつつも、シミ部位で生じているターンオーバーの不調に作用して、溜まったメラニンを排出する。

◆マグノリグナン
カネボウが開発した独自の成分。チロシナーゼの活性化を防ぐのではなく、チロシナーゼの成熟を阻害する成分です。

◆プラセンタエキス
胎盤から抽出された成分。メラニン色素のもととなるチロシナーゼという酵素を阻害する。炎症を抑える作用もある。