美白の方法と日焼けの使い方をご紹介!

肌の色黒や地黒には、さまざまな原因があります。よく知られたのは日焼けです。日焼けして色黒になって、肌がくすみ、色素沈着してしまいます。また、遺伝の原因で肌が黒いです。日焼けし過ぎて肌が黒くなった人は多いです。紫外線の影響で色黒になっているということがみんなよく知っています。たっぷり紫外線を浴びて、色が色素沈着を起こし、肌が黒くくすんでしまっています。今は紫外線を浴びないように気を付けていたとしても、かわらず黒くなります。それは家の中にいても、窓ガラスから陽射しが差し込んで紫外線を浴びています。普段の生活の中でも、みなさんが思っている以上に紫外線の影響を受けているのです。

生来のお肌の色黒や地黒を美白肌にする方法はあります。しかし、美白の効果を最大限に引き出さなければ美白になることは出来ません。ではどうすればいいのでしょうか。まず、洗顔と保湿が大切です。老廃物が肌に残っていると、肌の明るさが減退し、顔が暗く見えます。きちんとした洗顔を行うことが大事になります。保湿をして肌の状態を正常にすることで、紫外線の吸収を抑え、乾燥によって色素沈着を防いでくれます。

紫外線は地黒になる原因として、紫外線から肌を守るために、日焼け止めのクリームを使いましょう。日焼け止めの使い方がほんとうに知っていますか。

まず、日焼け止めのSPFを使い分けることです。通常の家事、洗濯物を干したり、近所へ買い物くらいならSPF15~20、PA++くらいのものでいいです。海や山など紫外線を直接浴びる場所であれば、SPF30ぐらいを使うようになります。しかし、SPF30を超すと、もう紫外線カット効果はほとんど変わらないといわれています。塗った部分を手でこすったり、汗で流れてしまわなければ、日焼け止めクリームの効果は5~6時間はもちます。しかし、顔は常に動いているもので、夏のカンカン照りの下を歩けば汗で流れ落ちてしまいますし、ハンカチで汗を抑えていても日焼け止めクリームははげてきます。こんな時は、2~3時間おきに日陰に入って塗り直したほうがいいでしょう。直射日光の当たらない室内で、常温で保管して、基本的に日焼け止めは開封後1年経たない日焼け止めも使用できない可能性があります。油分と水分がもともと分離されているタイプの日焼け止めもありますが、古くなっている場合、油分が酸化し、水分と混ざり合わなくなっています。使用前に確認してみましょう。

トマトを食べておくことで紫外線対策になります。飲む美容液と言われるトマトは、強力な抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれる作用があります。トマトを定期的に摂取しているとそれをある程度抑えることができます。また、破砕された食物繊維は腸の働きを助け、体内の毒素を抜きます。また、コットンにレモン汁を含ませ、美白したい肌の部分に付けます。レモンの顔パックを作るこのパックはレモンの酸性成分をゆっくりと毛穴にしみ込ませて、徐々に肌色を変えていきます。